「物件探し~引越し」までの流れの記事一覧

「家賃」の目安
勤務先や学校の通いやすさから「エリア」の候補を挙げる。

他に、「入居時期」、「広さ・間取り」、「バス・トイレ別」、「独立洗面台」、「最寄駅からの距離」、「階数」、「向き」などの条件も考えましょう。

急な転勤や、遠方からの引越しの場合は、1日で部屋探しをしたい。
効率的に探すために必要なことは!

契約前に用意すべき書類とお金

審査は1日~1週間ほどで結果が出ます。
審査が終わったらすぐ契約できるように、契約に必要な書類を用意しておきましょう。
また、見学の当日に持参し、よりスムーズに契約が行うるように準備しましょう。

一番大事な条件は「家賃はいくらぐらいまでなら大丈夫か」ということ。 管理費や共益費も含む家賃は、月収の3分の1以下が理想と言われています。ボーナスは、不安定なので、当てにしないようにしよう。
広く部屋情報を得られるネットですが、条件の入れ方、検索の仕方には実はコツがあります。

エリアを検索する方法とは?

「沿線・駅、行政区」で探すのが定番ですが、他に「通勤・通学時間で探す」、「路線図を見ながら探す」、「家賃相場で探す」、「沿線・相場で探す」などがあります。

いろんな探し方を上手に活用してみましょう!

候補物件が決まったら不動産会社に問い合わせをしましょう!

急いでいるならメールよりも電話のほうがおススメ。

しかし、残念ながら「問い合わせたけれど、すでにほかの人が申し込んでいた」というケースもあります。
条件のいい人気物件ほど、ライバルが多いということをご承知ください。反対にオフシーズンなら比較的じっくり探せるというメリットもあります。
室内チェックでは、日当たりや騒音、実際の広さなど、間取図だけでは分からないことを中心に確認し、部屋の良し悪しを判断しよう。

間取図や写真だけでは、日当たりや騒音は分からない。
例えば図面で南向きとあっても、目の前の建物の高さや離れ具合で日当たりは変わってくるし、騒音も「大通りが近いけど意外と静かだな」など、気にならない場合もある。現地では一つ一つ体験しながら、いいところ悪いところを確認しよう。

また間取図で単に「6畳」とあっても、天井が高く、窓が大きくて開放感があるなら、ほかの6畳より広く感じることも。自分の目で見て確かめることが大切です。

ただし、まだ入居者が住んでいて室内が見られない場合もあります…

どの部屋もピンとこなかったときに必ず伝えたいのが「ダメな理由」。
担当者が次にどんな物件をすすめたらいいか困ってしまいます。

「前向きだけれど、即答できない」場合は、理由といつなら返事できるか伝えてください。部屋探しシーズンの1月~3月や休日の場合、迷っている間にタッチの差で他の入居希望者が決めてしまう場合も多々あります。少なくとも翌日、次の週末に入る前には返事をしましょう。

日程、荷物の量、移動距離、サービス内容など、会社選びと条件次第で引越し費用はさまさま。ここでは何に気をつけて、自分に合った引越し方法を選ぶべきかポイントを紹介します。
引越しをするときは、役所をはじめ電気・ガス・電話など各所へ「住所変更手続き」をする必要がある。新居での新生活スタートには欠かせないので効率よく進めよう。
入居して2年、このまま住み続けるなら「更新」、もしくは住み替えるなら「退去」という流れになることが多い。どちらにしても気をつけるべきポイントがいろいろ。ここでは知らないと損する更新・退去のノウハウについて教えます。